賃貸付けのためにすべきことと専任媒介、一般媒介の違い

公開日:2015年7月8日
最終更新日: 2016年1月7日

売買契約を結んで収益不動産のオーナーになっても、入居者が入ってくれないことには家賃収入を得ることができません。

ですので決済を終えて、鍵を受け取ったらすぐに賃貸づけのための活動をしないといけません。

そこで契約後の賃貸づけのために何をすればよいのか見ていきましょう。

[スポンサーリンク]

賃貸付けのためにするべきこと

  • 合鍵を作る
  • マイソクのコピーを取って、家賃、連絡先を記入する
  • 管理会社に鍵とマイソクを渡す

賃貸づけまでの期間を最短とするために、仲介不動産会社に動いてもらえるよう、まずは合鍵を複数作成します。

さらにマイソクの物件価格、管理費、修繕費、不動産会社名など賃貸に必要な情報を消した上でコピーを複数取り、家賃や連絡先を記入しておきます。

複数の鍵とマイソクを持って複数の管理会社を回って、賃貸仲介のお願いをして回ります。

不動産会社はとにかく多くの会社に依頼するのがポイントですので、ここは泥臭く営業活動をしていくようにしましょう。

なお、鍵を不動産会社に預けた場合は必ず「預り証」を発行してもらい受け取るようにしましょう。

マイソクは入居者向けの案内資料に使われます。マイソクの見せ方で内見へのつながりやすさが変わってきますので、自分で作りなおしても良いと思います。リフォーム済みであったり、魅力的な設備がある場合にはそれらをきちんとアピールできる形になっているかも重要です。

オーナーが入居者と直接会うことがない不動産投資では、不動産会社とマイソクがお客さんとの接点になります。少しでも良い印象になるようにマイソクをわかりやすくするとともに、不動産会社にも「この人の物件なら紹介したい」と思ってもらえるように好印象を持たれるよう振舞いましょう。

設定家賃については管理会社に妥当かどうか意見を聞いておいても良いと思います。ただ、実際に家賃を下げるとなると利回りへの影響も大きいので慎重に行う必要があります。


専任媒介と一般媒介

  • 専任媒介:ひとつの不動産会社に仲介を依頼
  • 一般媒介:複数の不動産会社に仲介を依頼

不動産管理会社に仲介の依頼をする場合、「専任媒介」と「一般媒介」という2つの種類があります。

専任媒介とは、1つの不動産会社に仲介の依頼をする方法で、依頼した不動産会社以外の会社に媒介の依頼をすることはできません。

一方で一般媒介契約とは、オーナーが複数の不動産会社に対して仲介の依頼をする依頼方法で、一般的には賃貸の依頼をする際はこの一般媒介によって行われます。

複数の不動産会社に依頼すると、他の管理会社にも依頼しているので先を越される可能性があり、不動産会社も積極的に入居者を探してくれます。

入居者が決まった場合は仲介を依頼した不動産会社すべてに入居者が決まった旨を連絡しないといけません。

しくみ上は依頼した不動産会社は多ければ多いほど早く入居者が見つかりますので、なるべくたくさんの不動産会社に依頼をする必要があります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ