不動産投資のレバレッジ効果の意味と注意したいリスク

公開日:2015年4月11日
最終更新日: 2015年12月30日

よく不動産投資のメリットとして語られるのはレバレッジ効果があるということです。

何となくレバレッジ効果と聞いたことがあっても、意味が分からない人もいると思いますので、不動産投資におけるレバレッジ効果の意味や注意点について紹介したいと思います。


[スポンサーリンク]

不動産投資のレバレッジ効果とは

  • レバレッジ効果とは少ない自己資金で大きな収益を狙うこと
  • 借入を利用することでレバレッジ効果を利かせることができる

レバレッジ効果とは「てこの原理」のことで、小さな力で大きな効果を生むことを言います。

株式投資や不動産投資の世界では少ない金額で大きな金額の取引を行い利益を狙うことを言います。

具体的には借入を行い不動産を取得することで、少ない自己資金で高額な不動産へ投資を行うことで、効率的に収益を追求することを言います。

同じ利回り8%の物件に投資する場合でも、1,000万円の自己資金で1,000万円の物件に投資すると年間80万円の収益となりますが、1,000万円の自己資金に4,000万円の借り入れをして5,000万円の物件を取得すると年間400万円と5倍の収益となります。

ローン金利が3%だとすると、金利の支払いは年間150万円となりますので、純粋な利益は250万円となり3倍以上の収益を得ることになります。

自己資金は同じ1,000万円ですので、借入を利用してレバレッジ効果を利かせることで収益は3倍以上も変わることになります。

豊富な自己資金があれば現金で不動産投資をすれば良いですが、限られた自己資金で収益を最大化したい人にとってレバレッジ効果を利かせることは必須といえます。


レバレッジがデメリットになることもある

  • レバレッジを利かせることで損失が出た場合の影響も大きくなる
  • 借入をして不動産投資をする場合はより慎重な検討が必要

レバレッジを利かせることで大きな収益を狙うことができますが、反面不動産投資がうまくいかなかった場合は、借入金の返済を続けていかないといけなくなり途端に苦しくなります。

大きな金額の取引をしていることがリスクになるということです。

また借入金利が上昇する可能性もありますので、その場合レバレッジによるプラス効果はどんどん小さくなり、借入をしていることによるリスクだけを背負うことにもなりかねません。

そのため、レバレッジを利かせて不動産投資をする際は、現金で不動産投資をする時よりも収益性や空室リスク、金利動向、ローンの種類など様々な要素をシビアに見極める必要があります。

不動産投資をする際はローンを組んでレバレッジを利かせるのが基本と考えている人も多いですが、リスク許容度によっては現金投資のみで「ゆっくりお金持ちになる」という選択肢もありますので、自分にあった方法で投資をするようにしたいですね。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ