一戸建てへの不動産投資の特徴とメリット、デメリット

公開日:2015年7月1日
最終更新日: 2016年1月4日

不動産を大きく分けるとマンション、アパートなどの集合住宅に投資をする方法と一戸建てに投資をする方法があります。

不動産投資というとマンション投資をイメージする人が多いですが、一戸建ても特徴があり有利で手堅いことが多いので、投資対象としてきちんと検討するのが賢明です。

本記事では一戸建てに投資する場合のポイントや注意点をマンション投資と比較して紹介したいと思います。

[スポンサーリンク]

一戸建てへの不動産投資の特徴

  • 空室リスクが低い
  • 高めの家賃設定が可能
  • 長期間住む人が多い
  • 流動性が高い

空室リスクが低い

一戸建てへの不動産投資の場合、空室リスクが低い点がメリットです。

「賃貸でも良いから一戸建てに住みたい」という人は一定数いますので、一戸建ての賃貸需要は比較的多くあるといえます。

それに対して賃貸に出されている一戸建ての件数は決して多くあるとは言えないので、若干供給不足の状態ですので賃貸づけをするとそこまで苦労することなく入居者が入ります。

一戸建てに入居したい人は、マンションやアパートよりも広い部屋に住みたい人や、集合住宅ではなくさらにプライベート性を重視したい人、ペットを飼いたい人、騒音を気にしたくない人などなど様々な人がいますが、それらすべての人がターゲットとなります。

一戸建てに入居したい人

  • マンションやアパートよりも広い部屋に住みたい人
  • プライベート性を重視したい人
  • ペットを飼いたい人
  • 騒音を気にしたくない人

またこれらのニーズは都心特有のものではありませんので、地方でも一定の賃貸需要がある点もメリットと言えるでしょう。

地方だと都会よりも一戸建て購入のハードルが低く、相続なども考えると都会よりは賃貸需要は低いといえますが、供給も少ないので賃貸づけの難易度は都会と大きくは変わりません。


高めの家賃設定が可能

さらに一戸建ては家賃は5万円以下ということはなく、比較的高めの家賃を設定しても入居者が入るのも魅力です。

入居者は長く住む人が多いようなので、入居者の入れ替わりが少なくなることで投資期間全体の空室期間が短くなり、退去時のリフォームなどの原状回復コストも最小限で済みます。


流動性が高い

投資期間の最後に売却をする時も、一戸建てを買いたい人は投資需要、実需の両方が豊富にあるため、買い手がつかず困ることも少なく、急ぎの時に足元を見られて買いたたかれるリスクも低いと言えるでしょう。

買い手の層が厚いということは、安定した価格で売却することができて、不動産投資の出口戦略が立てやすくなります。

このように、一戸建てへの投資は空室リスクが低く、家賃も高めに取ることができ、売却もしやすいので、非常に堅実な投資をすることができます。


一戸建て投資に向いている人

物件の購入価格が高めになるので、利回りは中古の地方マンション投資で勝負している人にとっては若干物足りないかもしれませんが、はじめての不動産投資で割と投資資本が豊富な人にとっては向いている投資といえます。

一戸建て投資に向いている人

  • 堅実な投資をしたい人
  • 資金が豊富にある人

ですので、マンション投資しかしたことがない人や不動産投資をこれからしようとする人も、情報収集をする際には一戸建てだからといって投資対象から外さずに利回りなどを検証してチェックすると、対象物件が増え機会損失が少なくなるのでおすすめです。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ