不動産投資をするなら自宅の購入は後回しにする

公開日:2015年4月24日
最終更新日: 2016年1月2日

不動産投資をする際のポイントとして「自宅の購入は後回しにする」というポイントがあります。

感覚的には、マイホームも持っていないのに他人に家を貸すのはおかしいので、自分の家を先に確保してから人に貸すための家を買うのが自然に感じます。

しかし、不動産投資を始めたい人でまだマイホームを購入していない人であれば、先に収益不動産を購入してしまった方が良いです。

[スポンサーリンク]

自宅の購入は後回しにした方が良い理由

自宅よりも先に収益不動産を購入した方が良い理由として大きいのは融資の受けやすさです。

収益不動産の購入時にローンを組む場合、すでに住宅ローンを組んでいる人よりも住宅ローンを組んでいない人の方が融資を受けやすくなります。

住宅ローン=借金ですので、借金のある人よりもない人の方が信用力が高くなるのは当然と言えば当然ですね。

そのため、自宅を先に購入してしまうとその後の不動産投資における融資の面で不利になる可能性があります。


住宅ローンと収益不動産への融資の違い

  • 不動産投資はうまくいくと物件が増えるほど信用力は上がっていく
  • 収益不動産は持つことで収入が増える
  • 住宅ローンは組むと返済分だけ収入が減る

住宅ローンがあると、収益不動産購入時の融資審査で不利になるということは、ローンを組んで不動産投資をしていると、どんどん融資が受けづらくなっていくのではないかと考える人もいるかもしれません。

ただし、住宅ローンと不動産投資におけるローンの意味合いは異なりますので、不動産投資のためのローンを組んでいても他の収益不動産の融資で不利になることはありません。

収益不動産への融資は物件の担保力、収益性、オーナーの信用力を見て総合的に判断されますが、融資の返済原資となるのは物件から発生する家賃収入ですので、収益性がかなり重視されます。

一方で住宅ローンの返済原資はローンを組んだ人の給料です。そのため住宅ローンの審査では職業や年収などローンを組む人の信用力が最も重視されます。

収益不動産を持っているとうまくいけば収入が増えることになりますが、住宅ローンを組むとローンの返済をすることになるので、その分収入は減ることになります。

このように投資用不動産に十分な収益性があればそれはオーナーにとって収入を増やす資産であり、収益不動産購入のための借入についても融資上特に不利になることはありません。

ただし、収益不動産から利益が出ていなかったり、トントン状態の場合は収益不動産は負債となってしまいますので、その人の信用にはマイナスとなり、結果的に融資が不利になることがあります。

そのため投資用不動産を購入していたがためにマイホームの住宅ローンが組みづらい、ローン金額が少なくなってしまうということもあります。

収益不動産と自宅であれば、自宅の購入を後回しにするのが定石といえますが、後から自宅の購入を考えられている人は不動産投資できっちり利益を出していく必要がありますね。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ