不動産投資をする際には明確な目標を設定する

公開日:2015年4月26日
最終更新日: 2016年1月2日

不動産投資をする際には明確な目標を設定するのが良いと思いますし、経験上、明確に実現したい目標がある人の方が不動産投資はうまくいきます。

何事も目標を設定して取り組むのが重要で成功の秘訣と言われますが、そのような一般的な目標設定効果だけでなく、不動産投資で目標を設定することにはメリットがあります。


[スポンサーリンク]

不動産投資で目標を設定するメリット

  • 目標は不動産収益で設定する
  • 目標が達成できた時の暮らしをイメージする
  • 目標を達成するまでの期間を設定する
  • 目標が現実的かどうかを判断する
  • 目標を達成するための計画を立てる
  • 目標にあった収益不動産の条件を決める

不動産投資における目標とは、「いくら」の不動産収益を「いつまでに」得るかを設定します。

いくらの不動産収入が必要かは、目標金額を達成した時の暮らしや効果をイメージして目標を設定すると、設定しやすいと思いますしモチベーションもあがります。

「家賃30万円のマンションに引っ越す」
「仕事をやめて不動産収入だけで生活する」
「毎年海外旅行に行く」
「子供の教育費を不動産収入だけでまかなう」

などなど、不動産投資をしたいと考えた時の動機はみなさんあると思いますので、比較的イメージをしやすいと思います。

この時、「達成できたら最高」「できれば達成したい」「絶対に達成する」という風に段階をつけて目標を立てても良いと思います。いわゆる「松・竹・梅」のような感覚ですね。

不動産投資をする際に目標を設定することは、これから探す収益不動産の条件を明確にすることになります。

例えば「5年後に50万円の家賃収入を得る」という目標を立てたら、1軒で50万円分の家賃収益を上げるための収益不動産を探すのか、1年ごとに10万円ずつ収益が得られる不動産を取得していくのかなどの計画を立てることができます。

この段階でどう考えても無理な計画になってしまうようであれば、目標を修正したり不動産投資以外の運用方法を検討することになります。

ある程度実現可能な計画を立てられれば後はその計画通りに収益不動産を取得していくだけです。求める家賃収入が決まれば、物件の条件もある程度決まることになりますし、不動産屋に条件を伝えることができます。

不動産屋も明確な条件を指定してくる投資家の方が投資意欲が高いと考え、優先的に情報を教えてくれる可能性が高くなります。


明確な目標が成功を呼び込む

このように目標を明確にすることで実現可能な計画を立てることができますし、求める物件の条件も明確になり情報収集もしやすくなります。

なにより不動産収入を得られるようになった後の生活をイメージすることで、モチベーションが上がりますので、熱意を持って不動産投資に取り組むことができるようになります。

良いことづくめですので、不動産投資をこれから始めようという人は、まず不動産投資の目標を明確にすると良いと思います。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ