サラリーマンが手にすることができる権利収入

公開日:2015年4月21日
最終更新日: 2016年1月1日

会社員の人はどれくらい働いているでしょうか?

普通の会社員であれば月曜日から金曜日までの週5日、朝の9時から17時まで8時間働き週で40時間、月に160時間は働いていることでしょう。忙しい人であれば200時間以上働いている人も多いと思います。

月に200時間とすると24時間×30日=720時間ある月の時間の3分の1近くは働いていることになります。

このような生活を定年までずっと続けるのであれば人生の3分の1は仕事をしていることになります。

人生の大きなウェイトを占める仕事ですが、それに対して収入は十分でしょうか。

多くの人が生活できるだけの収入を得ていると思いますが、自分に見合った収入になっているでしょうか。

年月が経つにつれて、自分の労働に対する給料の相場は何となく固まっている人もいるかと思いますが、もう少し収入が上がればしたい暮らしがあるのではないでしょうか。

人生はお金がすべてではありませんが、お金があることでできることが増えるのはまぎれもない事実です。

「あれは買えるかな」「これを買うと今月きついかな」と考えることになりますので、お金がない人ほどお金について悩み、考えないといけない時間が増えます。逆にお金があればお金について考えることは減っていきます。

人生は一度しかないので、体験したいことが山ほどあると思います。

「世界中を旅して回りたい」「食べたこともないおいしいものを食べたい」「高給な時計を身につけたい」など子供じみたところもありますが、できることならやってみたいというのが人間でしょう。

他にも仕事をやめて家族との時間を増やしたり、収入が増えることで日常の生活レベルを少し上げることもできます。

きれいごとを言っても、ほとんどの人はお金のために働いています。

本業以外で生活をするのに十分な収入を得た時に、はじめて自分が本当にしたいことを考えることができます。考えた結果、今の職業をやはりやりたいということになるかもしれません。

このようにサラリーマンが権利収入という新たな収入源を得ることで、当面の生活レベルを上げられるだけでなく、お金で縛られることがなくなりますので、真に自分がやりたいことを見つけることもできます。

権利収入を得ることでの心境の変化は得た人でないとわかりません。せっかくの一度きりの人生ですので、好きなことをするためにも不動産投資で権利収入を得られるように努力してみてはいかがでしょうか。

不動産投資というと、危険とか不安というイメージがあって踏み切れない人も多いですが、きちんと勉強すればある程度リスクはコントロールできることがわかります。

大手企業に勤めていても、定年まで働き続けるとは限らない世の中になっていますので、会社という他人に人生を預けるようなことはせず不透明な未来に備えましょう。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ