不動産オークションを利用して情報収集する場合の注意点

公開日:2015年5月18日
最終更新日: 2016年1月3日

物件情報の収集先として、収益不動産用のインターネット上のサイトを見たり、不動産会社に紹介してもらう以外にも不動産オークションを活用する方法もあります。

オークションは通常の売買方式とは異なり、少し特殊な売買方式になるので、初心者はちょっと尻込みしてしまうかもしれませんが、逆に安く購入するチャンスでもありますし、物件の情報取得先としては貴重ですのでチェックするようにしましょう。


[スポンサーリンク]

不動産オークションの種類

  • ネットオークション
  • 会場型オークション
  • 競売

不動産オークションにはいくつかの種類があります。

不動産オークションはオークションのしくみを提供しているところに物件を登録し、登録された物件はオークション参加者によって購入希望価格を入札して購入者を決めるしくみです。

オークションへの参加方法はインターネット上で行われているものと、実際に会場でオークションを行うものがあります。

また売却価格の決定方式として、入札希望者が希望価格を申告して徐々に値段を上げていく「競り上がり方式」と、入札者が購入希望価格を一度だけ申告して最も有利な価格を提示した人が購入者となる「入札価格非開示方式」があります。

入札方法はまちまちですが、最近はインターネット上で不動産をオークション形式で売買するのが主流になっており、有名なところではヤフオクこと「Yahooオークション」で不動産を売買することができます。

オークションのプラットフォームごとに入札できる物件が異なりますので、興味がある人はいくつかの不動産オークションサイトを見てみると良いと思います。

担保となっていた物件や裁判所で差し押さえされた物件をオークション形式で売買する「競売」というしくみもあります。

住宅ローンの返済が滞ってしまった物件や、不動産を担保にして借りたお金を返せなかった時などに、債権者が担保として差し押さえ競売として売却し、売却代金で債務の弁済に充てられます。

裁判所で差し押さえられた物件ということで早く売却したい売り主が多く、相場よりも安く買えることもあり競売をメインで不動産を探している人もいます。

■競売のメリット

  • 相場よりも安く不動産を取得することができる


不動産オークションの注意点

  • 高値をつかまされる可能性がある
  • 情報が不透明な部分がある

相場よりも安く購入できる可能性のある不動産オークションは、魅力的ですが注意点もあります。

まず価格が割安な場合が多いですが、競り上がり方式の場合は他に買いたい人がいる場合、どんどん値が上がっていくことになりますので、結果的に購入できたとしても高値をつかまされる可能性があります。

不動産以外のオークションをやったことがある人は経験があると思いますが、オークションで勝つことが目標となり、予算を超えた値段で落札してしまうことはよくあることです。

熱くなって高値で購入しては元も子もないので、どこまでの価格であれば購入してキャッシュフローを得ることができるかの事業計画、シミュレーションは通常の売買形式以上に慎重に行う必要があります。

またオークションサイトではネット、会場型問わず、情報が不足していたり一部悪質な運営業者がいるなどまだまだ環境の整備が必要な状況にあります。

私の知人でもオークションに良い土地が出品されていたので、入札に参加したところ自分の入札価格の1万円だけ上の価格で落札がされた人がいました。

その人は運営者が条件の良い物件をおとりとして出品して、集客だけして落札はさせないようにしているに違いないと疑っていました。

真偽のほどはわかりませんが、そのような怪しいトラブルもあるということは理解しておいた方が良いでしょう。

最近は売却価格の即決価格が設定されていたり、物件情報が豊富なこともあるので、一概に不透明とは言えませんが、最終的には自己責任となりますので利用の際はこれらの点に注意する必要があります。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ