掘り出し物を見つける!物件検索の方法

公開日:2015年6月17日
最終更新日: 2016年1月3日

収益不動産を探す際、誰もが掘り出し物を見つけたいと考えていると思いますが、なかなか掘り出しものの物件に巡り合うことはできません。

めったにないから掘り出し物なので、なかなか見つからないのは当然と言えますが、正しい物件の探し方を続けていれば、いつか掘り出し物にも巡り合えるかもしれません。

そこで本記事では収益物件を探す方法について紹介したいと思います。

[スポンサーリンク]

不動産購入までの流れ

まず収益不動産を選んで買い付けの申込をするまでの流れは以下の通りです。

  1. 取得方針の決定
  2. 物件の検索
  3. 資料請求
  4. 現地調査
  5. 投資計画の作成
  6. 買い付け申し込み

収益不動産を取得するには、まず予算や場所、建築構造、求める利回りなど大体の条件を定め、物件のターゲットを決めていきます。

方針が決まったら方針にあった物件を検索します。物件の検索はインターネットを中心に行うのが効率的で良いでしょう。

気に行った物件があれば不動産会社に問い合わせて販売資料をFAXしてもらいます。さらに集めた資料の中で気になった物件は実際に物件を見に行って現地調査をします。

最終的に投資として十分な利回りが見込めるか投資計画を作成し、問題なければ不動産会社に買付申込書を提出するという流れになります。


物件選びは不動産投資の成否の90%を決める

物件選びをする際に理解しておきたいのは、物件選びは不動産投資の成否の多くを占めるポイントで9割以上は物件選びで決まると言っても過言ではないということです。

不動産投資によって得られる家賃収入は不動産の立地や広さ、構造によってほぼ決まります。

もちろんオーナーの努力次第で空室率を下げたりということもできますが、物件の魅力度で入居者が入るかどうか大きく左右されることになります。

不動産投資は投資金額も大きく、失敗したと思っても簡単に売却をすることができません。

下手をすると一度の失敗で不動産投資がもうできなくなるほどの損失を負う可能性もあり、不動産投資における「大失敗」は絶対に避けなくてはなりません。おのずと物件選びも慎重に行っていく必要があります。


失敗を避けるための方法

  • 高額物件を避け、低額の物件を複数購入する
  • 多くの物件情報にふれる

不動産投資で失敗を少しでも避けるには、いくつか方法がありますが、まずは低額の物件を複数購入してリスクを分散させることです。

最初から自分が買えるぎりぎりの物件を一つ購入するのではなく、安い物件を複数購入することで一つの物件が失敗した時のダメージを小さくすることができますし、投資資金のすべてが失敗して損失となる確率はぐっと減ることになります。

複数の物件を所有していると、その分管理の手間がかかったり、管理費や経費もかかりますので、その点はデメリットといえますが、不動産投資で失敗を防ぐためのコストと考えれば安いものだと思います。

とはいえ、デメリットが気になるという人もいると思いますので、人それぞれの状況を考慮して高額物件を購入するのか低額の物件を複数購入するのかの取得方針を決めると良いと思います。


多くの物件を見ることも重要

また、「数多くの物件を見る」ことも地味ではありますが、失敗を防ぐための方法になります。

物件を多く見ることでそれだけ掘り出し物にぶつかる可能性が高くなります。

不動産投資の世界では「100:10:3:1の法則」という有名な法則があります。

100件の物件を見学し、そのうち10件に買付の申し込みをし、3件に融資の申し込みをして、最終的に1件が購入まで至るというもので、それだけ多くの物件を見る必要があるという格言です。

逆に言うと、多く物件を見れば見るほど不動産投資の成功確率は高まると考えることもできます。

今はインターネットを利用して多くの物件をチェックすることができるようになりましたので、とにかく多くの物件をチェックして掘り出し物を探すのは地味に有効な情報収集の方法と言えるでしょう。

10件チェックして1件の見学をすると考えると、100件の見学をするためには1,000件の物件をチェックする必要があると言え、根気が必要になりますが、1日20件から30件の物件をチェックすることで1年たつころには1,000件の物件を見ることができます。

習慣化してしまえばそれほど苦しい思いをすることなく探すことが出来るようになりますので、生活の一部のように物件情報をチェックすることができるようになることが物件情報収集の最大のポイントかもしれません。

「分散投資」と「情報収集」がポイントという点では株式投資などと同じで、ある意味この2点が投資の本質と言えるのかもしれませんね。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ