不動産投資をする上で理解する必要がある税金の知識まとめ

公開日:2015年7月14日
最終更新日: 2016年1月7日

不動産投資家は様々な税金を考慮していくことで、キャッシュフローをコントロールすることで不動産投資を有利に進めることができますので、税金に関する理解は深めておく必要があります。

当サイトでは各シーンにおける税金について紹介していますのでここでまとめておきたいと思います。

[スポンサーリンク]

不動産投資をする上でかかる税金

  • 取得する時の税金
  • 所有する時の税金
  • 売却する時の税金
  • 賃貸に出す時の税金
  • 相続する時の税金

不動産投資をする上で課税される税金には、おもに取得時にかかる税金、所有するとかかる税金、売却する時にかかる税金、賃貸に出す時にかかる税金があります。

また、中には相続によって投資不動産を得て大家さんになる人もいますので、不動産を相続する時にかかる税金も知っておく必要があります。



不動産を取得する時にかかる税金
不動産投資は収益不動産を取得することが第一歩となりますが、不動産を取得する時には税金がかかります。
不動産取得税や登録免許税など、いくつか種類がありますので、きちんと押さえておきましょう。



不動産を所有する時にかかる税金
不動産は取得時だけでなく、所有しているだけでも毎年税金がかかります。
最も有名なものには固定資産税がありますが、その他に所有しているだけでかかる税金があります。
賃貸経営をする上では毎年かかるコストとなりますので、内容や金額をきちんと理解して収益計画に織り込む必要があります。
取得する物件の種類によって変わる税金もありますので、取得方針にも関わりますので、物件購入前にチェックしておいた方が良いでしょう。



不動産を売却する時にかかる税金
不動産投資は物件を取得してから賃貸に出し、その後売却が完了して初めて全体の損益が確定することになります。
そのため不動産の売却までをきちんと計画することは非常に重要です。不動産を売却して利益が出る場合は、利益に対して課税がされることになりますし、損失が出た場合の取り扱いなども含めて理解しておく必要があります。



不動産を賃貸に出す時にかかる税金
収益不動産を取得して賃貸に出すと、収入を得ることになりますので所得税や法人税がかかることになります。
また賃借人との賃貸借契約の締結や管理会社との業務委託契約の締結など、様々な手続きもあり、その際に税金がかかるのかなど賃貸経営をする上で知っておきたい税金を総合的に紹介しています。



不動産を相続する時にかかる税金
不動産を相続する時には相続税がかかりますし、相続後に売却する場合の課税ルールも普通に購入して不動産を売却した場合とは異なります。
不動産を相続して取得した場合に考慮すべき税金の種類と、市場から不動産を購入して取得した場合との違いを中心に紹介しています。


不動産投資家にとって税金は必須の知識

不動産投資をする上で税金の知識は必須と言える知識です。

専門的で人によって状況も異なりますので、最終的には税理士や管轄市区町村の税務署の判断を仰ぐ必要がありますが、物件購入段階である程度税金についても考慮する必要があります。

投資家自身にも税金に対する理解があると効率的に物件探しや収益計画を進めることが出来るようになります。

詳細まで理解する必要は必ずしもありませんが、基本ルールや原則論については理解しておいた方が良いので、ここで紹介した内容は一通り目を通しておくと良いと思います。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ