3点ユニットバスのワンルームに投資をするポイント

公開日:2015年7月2日
最終更新日: 2016年1月4日

物件の間取り・設備の中に「3点ユニットバス」という物件がありますが、3点ユニットバスへの投資は有望なのでしょうか。

結論から言うと、3点ユニットバスは賃貸づけに苦労することが多いので、よほど価格が有利でなければ避けた方が無難です。

3点ユニットバスとはバス、トイレ、洗面所が一つの部屋(というかバスルーム)に一緒にある物件のことです。単にユニットバスとも言われます。ユニットバスの物件は家賃も安いので、学生時代に住んでいたという人も多いのではないでしょうか。

間取りとしてはワンルームがほとんどですが、このような3点ユニットバス物件を投資対象としてみるとどのような特徴があるのでしょうか。

[スポンサーリンク]

3点ユニットバスのワンルームに投資をするポイント

  • 3点ユニットバスの物件は避けた方が良い
  • 入居者がつきづらく家賃を下げないといけない
  • 今後さらにその傾向が強まる


3点ユニットバスの物件は避けた方が良い

3点ユニットバスの物件はバス・トイレが同じ物件となりますが、このような3点ユニットバスの物件に投資をすると、投資としては厳しい結果となることが多く、さらに今後はもっと厳しくなっていくことが予想されます。

理由はシンプルで、バストイレが同じ物件は入居者に人気がないからです。

賃貸物件の検索サイトでは、絞り込み条件に「バス・トイレ別」という項目がありますが、それだけお風呂とトイレは別の空間として区切ってほしいという希望があります。

そのようなニーズをくんでなのか、むしろ最近はバストイレ別は当然になってきて、その上で「ウォシュレット」や「独立洗面台」などを求める人が増えています。


入居者がつきづらく家賃を下げないといけない

このように入居者が求める希望条件が上がっていく中でバストイレが同じユニットバスタイプの物件だと、家賃を下げないと入居者が入らないばかりか、「お風呂とトイレは別じゃないと絶対いや」という人がいるためそれだけでマーケットが小さくなることになります。

ユニットバスをいやがるのは都心の入居者だけではなく、地方の人もいやがります。むしろ地方の人の方が家賃が安いのでその分設備にこだわる傾向があり、バストイレが一緒の物件は敬遠されます。

今は都会の物件でかつ立地などその他の条件が良ければ入居者はつきますが、地域内の相場より家賃を安く設定する必要がありますし、数年後に入居者がつくかはわかりません。


今後さらにその傾向が強まる

現時点でこのような状況ということは、今後さらにこの傾向は強まっていくことになります。10年20年と続ける賃貸経営だとこれから3点ユニットバスの物件に手を出すのは大きなリスクがあるといえます。


3点ユニットバスの物件に入居する人

  • 学生
  • 20代の男性

このように非常に厳しい状況ですが、それでもお得な物件があった場合3点ユニットバスの物件に投資をすることもあると思います。

3点ユニットバスの物件に入居する人は男性や学生などを中心とした設備以外の優先度が高い層であまり高い家賃を払えない人です。

学生や20代の男性などがメインのターゲットとなりますので、その他の条件を見る際にはこれらの人にとってプラスとなる条件かどうかを考えます。

ペット可とかセキュリティに強いとか外観がかわいいなど女性が喜びそうな条件によって物件の価格が上がっている場合は、ターゲットにはあまりささらず実際の賃貸経営にはあまりプラスには働きません。

学生や若い男性は好立地を求める傾向が強いので、ターミナル駅へ便利に出られたり駅から近い物件であれば賃貸づけの時に有利になります。

リフォームをする時にもこれらのターゲットにとってプラスとなるものを優先的に行うようにしましょう。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ