リフォーム会社の選定方法とコストを抑える方法

公開日:2015年7月27日
最終更新日: 2016年1月7日

リフォーム費用はものの調達価格と取り付け・工事費用によって決まってきますが、取り付け工事費用はリフォーム会社によって大きく異なります。

そのためリフォームをどの会社にお願いするのかも非常に重要になってきます。

そこで本記事ではリフォーム会社の選定方法や基準などを紹介したいと思います。

[スポンサーリンク]

リフォーム会社の選定方法とコストを抑える方法

  • リフォーム会社に依頼するか職人さんに直接依頼する方法がある
  • コストは重視しつつ安すぎる会社には注意する

自分でやるか業者に依頼する

リフォームは取り付けるものを仕入れたら終わりではなく、それを取り付けたりものによっては工事が必要になります。

DIYが得意な人ですべて自分で行っている人もいますが、自分でできない人や物件の場所が遠い、時間がないという人はリフォーム業者へ工事を依頼することになります。

この辺りは不動産投資家としてのタイプによるものもあると思います。

リフォーム会社に工事を依頼する場合、工事費用はそのまま経費となり利回りに影響しますので、なるべく工事のコストを安くするため色々と工夫する必要があります。

工事・取り付けを外部に依頼する場合、大きくリフォーム会社に依頼するか職人さんに直接依頼する方法があります。

リフォーム会社はお客からの発注を受けると、多くは職人さんにさらに仕事を下してマージンを得ています。そのため直接職人さんに依頼する人脈があればリフォーム会社へ支払うマージン分だけコストを浮かすことができます。

職人さんは人脈がなくても一から探すこともできます。最近ではネットで「○○ 工事」と調べれば多くのリフォーム業者が見つかり、中には職人さんが直接募集しているものもあります。

ネットオークションなどでも取り付け工事のサービスが出品されていますので、そのような場所で探しても良いと思います。


安すぎる会社には要注意

このように自分で職人さんを探すことでコストをカットすることができます。職人さんを選ぶ基準として安すぎる価格のところは避けた方が良いでしょう。

最低限、部屋まで来てもらって作業をしてもらう人件費分プラスアルファくらいの価格は支払わないと、手抜きの工事をされたりなんやかんやと追加費用を請求してくる悪徳業者にあたる可能性が高くなってしまいます。

トラブルを避けるためにもコスト意識は持ちつつ、安すぎる会社には注意するようにしましょう。


リフォーム会社、職人さんとは長期的な関係構築を目指す

一度良い仕事をしてくれた職人さんは覚えておいて、別の機会にまた仕事を発注することで安く工事をしてもらえることもありますし、何より安心ですので職人さんとの関係を構築することも重要です。

中長期的に見ると、入退去のタイミングでクリーニングや小規模な修繕など、リフォームや修繕は不動産投資に欠かせないもので、そういう意味ではリフォーム会社や職人さんは自分の不動産投資のチームの重要な一員といえます。

腕が良くて価格の安いリフォーム会社、職人さんを探すという視点も持っていると、長い目で見るとリフォームで悩むことが少なくなるでしょう。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ