不動産投資を始める前に読みたいおすすめ書籍や参考書

公開日:2015年9月5日

不動産投資は大きな金額の投資になりますので、始める際には基礎知識や注意点などを勉強する必要がありますが、日本では学校で教育されるわけではありませんので、一から勉強しないといけません。

近くに詳しい人やすでに不動産投資を実践している人がいれば良いですが、なかなかそういう人もいませんので、自分で勉強するにはどうしたらよいか悩む人も多いと思います。

当サイトのようなWEBサイトで情報収集するのも良いですが、書籍で勉強したいという人もいると思いますので、その際に参考になる書籍や参考書を紹介したいと思います。


[スポンサーリンク]

不動産投資を始める前に読みたい書籍

  • 金持ち父さん貧乏父さん
  • 不動産投資の学校
  • はじめての不動産投資成功の法則

金持ち父さん貧乏父さん

book01

言わずと知れたマネー関連本の入門書でありバイブルです。定番ではありますがまだ読んでいない人は一読しておいた方が良い本です。

ハワイ出身の実業家・投資家のロバート・キヨサキ氏が自身の経験談をもとに、賢く資産を増やす方法や人生に富をもたらし幸福を感じるための考え方を紹介しています。

富を築く上での資産と負債の違いやお金持ちの習慣などを学ぶことができ、不動産投資についてはレバレッジをかけて投資することが推奨されていますが、具体的な手法というよりはお金との向き合い方や基本的なマネーリテラシを学ぶことができる書籍といえます。

全世界で累計2,800万部を超える大ベストセラーとなった本で、私を含め金持ち父さんで根本的な考えが変わったという人は多いので、不動産投資をしたいならぜひ読みたい本です。

不動産投資の学校(入門編)

book2

ファイナンシャルアカデミーが編集している不動産投資に関する基礎知識を詰め込んだ書籍です。

「知識ゼロでも大丈夫」とうたっているだけあり、不動産投資のごくごく基本的な考え方から、取引までの流れを順を追って説明しており、内容的にも難し過ぎず具体的な説明もありますので初心者の人が何から手をつけたら良いかわからないという時にはまず読んだ方が良い書籍です。

不動産投資における基本的な知識はこの本だけで十分学ぶことができるといえます。偏った内容ではありませんが、どちらかというと中古物件の一棟買いを推奨しています。

はじめての不動産投資成功の法則

book3

こちらも不動産投資に関する基本的な知識と成功するための具体的な方法論が書かれた書籍です。

不動産投資の学校よりも少し具体的な手法について述べられていて、物件探しのポイントやインターネットだけでない物件の探し方、有利な融資を引き出すためのポイントなど一歩踏み込んだ内容で説明がされています。

その分少し難易度は上がりますが、不動産投資の学校を読んだ後の2冊目の入門書としておすすめです。

なお、こちらの書籍でも中古アパートの一棟買いを推奨しています。

書籍を読むのが苦手や面倒という方は当サイトのコンテンツを順を追って読んでいただければ、一通りの不動産投資の知識がつくようになっていますので読んでもらうのも良いと思います。

セミナーに行くのも良いですが、1時間や2時間程度で基礎から学ぶのは難しいですし、そもそもセミナーは特定テーマについて話がされることが多く一から不動産投資を学ぶ系の内容は少ないので向いていません。

最終的に何かのセールスとなることも多いので、ある程度知識をつけてから行くとして、まずは書籍やWEBサイトなどで基礎的な知識を身につけることをおすすめします。

  • 不動産投資の基礎知識


  • 不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

    不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

    不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

    やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

    >>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


    成功のポイントは自分にあったパートナー選び

    成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

    複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

    申込は2分ほどで終わります。

    >>不動産会社へ一括資料請求(無料)


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ