管理会社に支払う費用の相場や適切かどうかのチェックポイント

公開日:2015年8月18日

賃貸経営の管理業務は入居者のクレーム処理や設備の保守点検など、手間がかかり緊急性が高いものもあるので、オーナーがすべて自分でやることは難しく、忙しい会社員の人ならなおさら管理会社に委託をするメリットがあります。

実際に多くのオーナーさんが管理会社に管理業務を委託していますが、気になるのはその費用で月々の管理費用が適切なのか高すぎるのか判断が難しいです。

特にはじめて管理会社に業務を委託する場合は費用が適切なのかわからないと思いますので、管理費用の相場や適切かどうかのチェックポイントを紹介したいと思います。


[スポンサーリンク]

管理会社に支払う費用の相場

  • マンションの管理費用は建物の構造や委託する業務によって異なる

マンションの管理費用は建物の構造や委託する業務の内容に応じてまったく異なりますので、相場がありません。

そのため自分のマンションの管理費用が適切なのかを調べるためには複数の管理会社から見積もりを取るか、管理費適正化コンサルを入れて適切な管理費用に抑えていく必要があります。

管理費用削減コンサルは成功報酬で削減分の30%から50%という業者が多いようで、成功報酬形式ですので確実に管理費が安くなるというメリットがあります。

一方で管理費を削減したら管理業務の質が落ちたという人もいるようですので、同じ管理業務に対する管理費用の削減がきちんと行われているかチェックする必要があります。

提供されるサービスに対する価格を比較する必要があるという点では合い見積もりを取る場合でも同じです。


管理業務のチェックポイント

委託している業務内容を正確に把握して、さらにサービスレベルで不満がある点を洗い出しておくと、他の管理会社から見積もりを取ったりコンサルを依頼する場合にもスムーズに話ができます。

委託している業務内容は管理会社との契約書や業務仕様書を確認することで再確認できますが、サービスレベルはチェックポイントを明確にしてチェックしなければなりません。

主にチェックすべきポイントには以下の点があります。

  • エントランスや廊下など共有部分は定期的に清掃がされているか
  • 日常清掃、定期清掃の報告があるか
  • 建物や設備の点検は有資格者によって行われているか
  • エレベータ、機械式駐車場などの定期点検は行われているか
  • 設備の故障や異常個所が見つかった場合、迅速かつ写真などで詳細に報告されているか
  • 長期修繕計画に沿った工事の提案がされているか
  • 工事業者からの工事の進捗状況を管理会社でまとめて報告がされているか
  • 管理費の内訳は明示されているか
  • 担当者に土地勘はあるか
  • 不動産市況から考えた賃料の提案があるか
  • 集客力、賃貸づけに問題はないか
  • 賃貸づけの活動報告は適切になされているか
  • 入居希望者、オーナーとの意思疎通がきちんとされているか
  • 家賃などの集金管理はされているか
  • マナー違反をしている入居者に対して適切な指導をしているか

管理業務は建物の管理と入居者の管理があり、さらに建物の管理でも共有部分と占有部分の管理があるためチェックポイントは多数あり、委託している業務の内容によって変わります。

上記もあくまで一例ですので、自分なりに管理業務のチェックリストを作成して、現時点の管理会社に満足している点と不満な点をきっちり理解しておいた方が良いでしょう。

他社から見積もりをとって同じくらいの金額だった時に、現管理会社の対応に満足していれば変更の必要はないですし、逆に不満であれば管理会社の変更をすることになります。

自分なりの尺度を持つことで管理会社を評価することができるようになるので、そのようなオーナーに対しては管理会社も注意して業務するようになりますので抑止力にもなります。

管理費用をきちんとチェックして適切な管理費用に抑えるように努力していきましょう。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ