普通のサラリーマンが不動産投資用のローンを組むことはできるのか

公開日:2015年8月14日

マンション投資では取得する物件の価格が高額で、数千万円から1億円を超える物件も普通にあります。

そのためローンを組むことが必要になってきますが、数千万円単位のお金を借りることは自分にできるのかと不安になる人も多いと思います。

自分で事業をしていれば別ですが、普通の会社員なら住宅ローンを除くとそのような高額なローンを組むことはありませんし、自分にそのような大それたことができるのかとしり込みする人も多いです。


[スポンサーリンク]

普通のサラリーマンが不動産投資ローンを組むことができるか

  • 会社員でも不動産投資ローンを組むことができる
  • 自営業の人より融資が通りやすい

結論から言うとできます。

普通の会社員でも、ある程度の属性で物件の収支予測がしっかり立っていれば、不動産投資ローンに積極的な金融機関は喜んでお金を貸してくれるでしょう。

むしろ金融機関にとっては、会社員の人の方が自営業の人と比べると信用が高いので融資の審査が通りやすくなります。

ローンが組みやすいとレバレッジをかけて投資しやすくなりますし、なにより手がかからないので、会社員の人にとって不動産投資は向いている副業、収入源を得るための行為といえます。

金融機関は借主の属性を見る際に、その人の収入の元となる会社や事業の安定性を見て、収入の安定性を評価します。

会社員の人であれば自分の勤務先で自営業の人であれば自分の会社、事業ということになります。

会社の規模でいえば自営業の人の会社は零細で会社員の人の方が大きな組織に属していることになり、いくら年収自体は自営業の人の方が高くても借主としての信用度としては会社員の人の方が高くなります。


いくらくらいまでローンが組めるか

普通の会社員であってもローンが組めるとわかると、次に気になるのは「いくらくらいまで借りることができるか」という点です。

いくらまでローンが組めるかは、物件の積算評価や借主の年収、他のローンの返済状況などにもよりますが、大体年収の7倍から10倍くらいまでは融資が引けます。

住宅ローンの借入可能金額が念種の3倍から5倍が目安と言われていますので、住宅ローンよりも多くの金額をローンで引くことができることがわかります。

そのため年収600万円の人であれば6,000万円の融資を受けて、自己資金と合わせて1億円弱の物件を取得するということも夢ではありません。

借入金額が増えてくると支払金利の負担は増え、空室が出て収支がマイナスになると返済に窮する可能性も高くなりますので、リスクは高まることにもなりますが、8,000万円クラスの物件であれば利回り8%で年間640万円と本業に近い収入を得ることも可能になります。

大きな果実を得ることができますので、リスクを許容できるならチャレンジする価値はあります。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ