マンション経営で必要となるメンテナンスと注意点

公開日:2015年8月26日

マンション経営は20年を超える長期で管理することになりますので、購入したら終わりというわけではなく、長期的に資産価値を保つことができるよう適切なメンテナンスを行っていく必要があります。

マンション経営で必要となるメンテナンスにはどのようなものがあり、また注意する必要があるのはどのような点なのでしょうか。

本記事ではマンション経営で必要となるメンテナンスの種類や注意点を紹介したいと思います。


[スポンサーリンク]

マンション経営で必要となるメンテナンスのポイント

  • 入居者のメンテナンス
  • 建物のメンテナンス
  • 設備のメンテナンス

マンション経営をする上で必要になるメンテナンスで最も手がかかるのは入居者のメンテナンスです。

入居者のメンテナンスというとピンとこない人もいると思いますが、入居後の入居者に対する様々な対応です。

入居者の人が住まいに関することでトラブルがあると、真っ先に連絡をするのは管理会社であり賃貸者であるオーナーです。

住まいのトラブルには様々なものがありますが、いずれも緊急性の高いものが多く、仕事終わりや早朝に発生することが多いため24時間体制での対応が必要になります。

多いものでは鍵をなくしてしまったり盗まれてしまったことに気付くことです。帰宅中に気付くことが多いので、連絡は夜になりますし、とにかく急いで急行しないと行けません。

スペアキーを渡してすむこともありますが、場合によっては鍵の交換や作成が必要になります。

配管のつまりや水漏れなどの水回りのトラブルも入居者の生活に大きな影響を及ぼしますし、下の階やほかの部屋に被害が広がる可能性もありますのでこちらも緊急の対応が必要になります。

配管のトラブルは自分で対応することは難しいので、業者を手配することになりますし費用は高額になることもあります。

火災や盗難などのトラブルもあります。火災や盗難についてはオーナー、入居者がそれぞれ火災保険に加入していますので、専有部分の損害については入居者の火災保険で補償し、隣家などに損害が及んでいる場合にはオーナーが加入する火災保険で対応をします。

いずれにせよ保険会社に連絡する必要がありますので、自身が保険会社に連絡するとともに入居者の人にも保険会社へ連絡してもらうように案内をします。

その他隣人トラブルなどによってクレームがあった場合はその原因を特定し、原因を排除します。原因が隣人などにある場合は隣人へ注意をしたりしてトラブルに対する対処をします。

建物については日常的には清掃や設備の保守点検、長期的には修繕計画をしっかり立てて計画にもとづいてきちんと積立をしていくことが最も重要になります。

入居者のメンテナンスについては手がかかりますし気も休まらないので管理会社に委託しているオーナーが多いです。

清掃や保守点検についても日常的な業務が必要となり、会社員の人であれば物理的に不可能ですので、こちらも管理会社に委託する人が多いです。

入居者のメンテナンスができていないとどんどん退去が出てしまいますし、建物の保守管理はマンションの資産価値に関わります。

すべて自分で行うオーナーもいますが、品質が求められる業務でもありますので、プロに任せるのが現実的になります。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ