マンション投資で陥りがちな落とし穴と予防法

公開日:2015年8月20日

マンション投資に関するノウハウや書籍は数多くあります。その手法を実際に実践して大成功をおさめた人もいますが、中には失敗をしている人もいます。

成功している人は成功した話を多くの人にしますが、失敗した人は多くは語りませんので世の中には成功談であふれています。

これらの自称必勝法を鵜呑みにしてマンション投資をすると失敗することもありますし、失敗した話を知ることでその失敗を避けることができますので、成功した話よりも失敗した話の方が投資に活かせることが多いです。

そこで本記事ではマンション投資で陥りがちな落とし穴とその予防法を紹介します。


[スポンサーリンク]

マンション投資で陥りがちな落とし穴

最も良くある落とし穴が不動産投資セミナーなどで、不動産業者や成功者の成功談を鵜呑みにして、よくデメリットを理解せずに投資をして、マンション経営を開始した後に思いもよらないリスクに直面することです。

例えばファミリー物件は一度入居したら長く住んでくれて家賃の単価も高いので、リスクが低く運営ができるなどとメリットばかりを強調して、空室率の高さやリフォーム費用の高さなどのファミリー物件特有のリスクについてはほとんどふれずに契約をとろうとしてきます。

あまり知識がないとうのみにして、空室保証をつけなかったり、立地や設備など空室率を意識した物件の精査をしていないと空室に悩まされることになります。

仮に空室保証をつけるのであれば、保証料を経費として差し引いた後の家賃収入できちんと利回りを計算すべきですし、つけないにしても想定する空室率は高めに試算しておく必要があります。

不動産投資にリスクはつきものですので、リスクの所在がわかればある程度リスクヘッジしたり、対応を取ることができます。

リスクの所在を理解せずに無対応でマンション投資を行うことが、最も危険なことで同時に初心者が陥りがちな落とし穴です。

また上述したような、リスクのほとんどを個人投資家に押し付け、物件の販売手数料を得ようとする不動産会社も初心者にとっては気をつけたい「落とし穴」といえ、投資の際には最大限の注意をする必要があります。


マンション投資の落とし穴にはまらないためには各投資の特徴を知る

マンション投資は「投資」である以上リスクがありますし、リスクに見合った収益を得ることができます。

そのため完全無欠の投資法などなく、各投資方法にはメリットデメリットが必ずあります。

そのため各投資法の特徴を理解して自分のリスク許容度にあった投資法を選択したり、投資法のデメリットとなるリスクに適切に対処していく必要があります。

まず「必勝法はない」と理解することが、マンション投資で陥りがちな失敗を防ぐ最善の方法です。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ