マンション投資におけるファミリー物件とワンルームの違いと利回り

公開日:2015年8月17日

マンション投資においてワンルーム物件とファミリー物件ではターゲットとなる入居者が異なるため、投資における特徴も異なってきます。

どちらが良いと言うことではありませんが、それぞれの特徴を理解した上で自分にあった物件を取得することが重要になります。

本記事ではマンション投資におけるファミリー物件と単身者向けワンルーム物件の特徴の違いや利回りについて紹介したいと思います。


[スポンサーリンク]

ファミリー物件とワンルーム物件の特徴の違い

  • 入居期間の違い
  • 賃料の違い
  • 流動性の違い
  • 空室リスクの違い

単身者向けのワンルーム物件とファミリー物件では入居期間に違いがあります。一般的には入居期間はファミリー物件の方が長い傾向にあります。

単身者は身軽なので生活環境の変化に応じて、更新期間が来る2年間で退去してしまう人も多いですが、ファミリー物件は子供の学校や親の仕事の問題など住環境を変えづらい人たちが多いので1つの物件に長く住む傾向があります。

入居期間が長いと空室リスクにさらされる期間が短くなるだけでなく、手間も費用もかかる入退去の手続きの回数が減ることになり、利回りを押し上げる効果もあります。

入居期間が長いファミリー物件はこの点で大きなメリットがあるといえます。

また間取りもファミリー物件の方が広く、1戸あたりの賃料が高くとれるため1戸で多くの家賃収入を得ることができます。


ワンルーム物件の魅力は賃貸需要と売買市場の豊富さ

一方でワンルーム物件ならではのメリットもあります。

まずは流動性と売却価格などを総合的に見た「売却のしやすさ」です。

ワンルーム物件は賃貸需要が豊富で流通している物件量も多いため、売却時も値がつきやすく流動性は高いと言えます。

ファミリー物件が売れないというわけではありませんが、単身者向けの物件と比べると流動性は落ちますので、出口戦略をきちんと考え、売却しやすい都心や築年数が浅い物件を購入するなどの検討も必要です。

また空室リスクもワンルーム物件の方が低いことが多いです。

単身者向けの物件は賃貸の成約率が高く、特に都心では単身者向けの賃貸需要が豊富にあります。単身者のサラリーマン、OL、学生などが入居者の中心となり、地域ごとのニーズの差はありますが、条件を整えれば空室リスクはファミリー物件よりも低くなります。

単身者にニーズのある間取りや必要な部屋の機能や設備も似ており、ファミリー物件ほど複雑ではありません。ある程度人気の設備が整っていれば多くの入居希望者のニーズを満たした物件となります。

一方でファミリーの方が入居者の属性が良く、滞納や隣人トラブルなどを起こす確率は低くなっています。

長く住むことを前提にしているため、隣人トラブルを避け、モラルの高い行動をする割合が高くなります。

このように単身者向けのワンルーム物件とファミリー物件では物件や入居者に様々な特徴の違いがあります。

都心と郊外、新築と中古の違いほど大きな特徴の違いではありませんが、自分が目指す賃貸経営の形にあった物件を選び、マンション経営をしていくのが良いでしょう。

都心と郊外、新築と中古物件の特徴の違いについては、別の記事で紹介していますのでそちらもぜひ参考にしていただければと思います。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ