すでに借入がある人の融資審査への影響とローンが組めるのか

公開日:2015年8月12日

マンション投資を検討している人の中にはすでに借入をしている人もおり、そのようなすでに借入がある人はローンが組めるのか疑問に思っている人も多いと思います。

これから借入をするかもしれないという人はその決断を変更する必要があるかもしれませんので、本記事ではすでに借入がある人のローン事情について見ていきたいと思います。


[スポンサーリンク]

すでに借り入れがある人のローン事情

  • すでに借入がある人は融資審査上で不利になる
  • クレジットカードや奨学金の延滞歴も要注意

結論から言うと、すでに借入がある人は一般的に融資審査上は不利になることが多いですが、借入があるからと言って融資が受けられないということではありません。

融資審査の可否は総借入金額や年間返済額、残債などローンの状態によって、また金融機関によって対応が異なるので、諦めずいくつか金融機関を回った方が良いです。

要は金融機関は、貸したお金を家賃収入で返済することができるのか、また賃貸経営がうまくいかなかったとしてもローンの返済能力はあるのかを見ています。

借入残高があるということは他に返済すべき借金があるということですので、収入の一部は借金の返済に充てられ、実質使うことができる収入が低いということを意味します。


クレジットカードの延滞も融資審査に悪影響

また延滞などをしていると信用情報機関に登録されてしまい、ブラックリスト入りしてしまうため基本的に融資審査は下りなくなります。

「借金なんてしていないから大丈夫」と考えている人の中でも、よくよく聞くとクレジットカードの支払いの延滞があったり、奨学金の延滞があったりします。

クレジットカードは借入のようなものですし、奨学金は借入金そのものです。不動産投資でローンを組みたいという人は今一度自分の過去の信用情報に問題がないか確認した方が良いでしょう。

なお、ブラックリスト入りしたクレジットカードや借入返済の延滞情報は、取引終了から5年間保持されることになっているため、過去に延滞歴がある人は最低5年間借入をすることができません。

一般の人の考えられる借入としては、住宅ローン、他の物件を取得するための不動産投資ローン、その他私的な借入があります。

これらはすべて借入として見られるので、特に借金の種類によって融資審査の結果に手心が加えられることはありません。

ただし不動産投資ローンはきちんとした返済実績があると金融機関から賃貸経営をちゃんと行っている大家であると判断され、全くの新規のローン申込よりは審査が通りやすくなります。

このようにやはり借入があることで不動産投資をするには不利になります。

融資を受けられなくても現金投資をするなど一応選択肢はあるものの、不動産投資という観点で見ると選択肢を狭めることになってしまいます。

マンション投資を検討している人は自宅を住宅ローンで購入することや、教育ローンなどの自身の借入残高を増やすことになる行為は、「不動産を取得した後ではだめか」と考え、慎重に行う必要があるといえます。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ