不動産投資のパートナーとなる銀行、金融機関選びのポイント

公開日:2015年7月23日

不動産投資は融資を受けて行うのが一般的ですので、金融機関とうまく付き合っていくのが不動産投資を成功させるポイントの一つでもあります。

融資を受けるだけでなく、審査にあたって資金計画や事業計画にアドバイスをくれることもありますし、多くの不動産投資家とコネクションがあるので情報をくれることもあります。

ですので、銀行はただお金を借りるところではなく、不動産投資の重要なパートナーです。

それだけ重要ということは金融機関選びは、お金を貸してくれればOKと考えずに、慎重に金融機関選びをしていく必要があります。

そこで本記事では不動産投資の重要なパートナーとなる金融機関選びのポイントを紹介したいと思います。


[スポンサーリンク]

銀行、金融機関選びのポイント

  • 対応の良い金融機関を選ぶ
  • 審査の通りやすい金融機関を探す

まずは金融機関に行った時に、不動産投資のための融資の相談をしたいと言って熱心に対応してくれる金融機関は不動産投資に力を入れている金融機関である可能性が高く、頼もしいパートナーとなる可能性が高いです。

銀行は融資といっても偉業の事業用資金や住宅ローンなどローンの性格や大企業重視か中小企業重視など、融資にあたってち力を入れている分野があります。

その中で不動産投資を重視している金融機関であれば、有利な条件を提示してくれる可能性が高く、不動産投資に強くなっていく可能性も高いです。

支店によっても営業姿勢は大きく変わりますので、実際に訪問して担当者と話をするのが一番です。

向こうも仕事ですので、力を入れていなければ少し話をすればわかりますし、色々な金融機関に出向いて自分の地域の金融機関で対応の良いところはどこなのかを探るようにしましょう。

さらに審査の通りやすい金融機関の目星をつけて関係を構築することも重要です。

金融機関には政府系の金融機関、メガバンク、地方銀行、信用金庫、ノンバンクなど様々な金融機関があります。

政府系、メガバンクなど大きな金融機関ほど金利が低く、有利な融資条件を引き出すことができますが、その分融資審査が通りづらくなっています。

ノンバンクは融資が通りやすいですが、その分金利は高く、さらにノンバンクから融資を受けていると他の金融機関から融資を受けられない人として、融資審査上マイナスに評価をする金融機関も多いです。

融資の受けやすさとリスクを考慮すると、不動産投資家にとってのメインの融資元は地方銀行や信用金庫ということになりますので、できるだけこれらの金勇機関に狙いを定めて優先的に接触すると良いでしょう。

なるべく多くの金融機関をあたることで「当たり」の金勇機関と出会える可能性は高くなりますので、ぜひ色々な金融機関を訪問されることをおすすめします。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ