不動産投資ローンの返済方法の種類と返済額の違い

公開日:2015年7月24日

不動産投資ローンは金利の種類や返済方法がいくつかあり、その組み合わせによって支払う金利や資金計画に影響が出てきます。

金利については前回の記事で紹介していますので、今回は返済方法の種類と選択のポイントを紹介したいと思います。


[スポンサーリンク]

不動産投資ローンの返済方法の種類

  • 元利均等方式:毎月同じ元金と金利の合計額を返済する
  • 元金均等方式:毎月同じ元金を返済していく

不動産投資ローンの返済方法には「元利均等方式」と「元金均等方式」の2種類があります。

元利均等方式は元金と金利の合計額を毎月同じ金額返済していく返済方法で、返済金額合計が一定になります。

ただし当初は元金が多く、それに伴い支払金利も多くなるため、返済金額が一定だと返済金額のうち金利が占める割合が多くなり元金の返済額が少なくなります。

元金の返済スピードは遅くなりますので、結果的に総返済金額は元金均等方式よりも多くなります。

一方、元金均等方式は元金の返済金額が毎月一定とする返済方法です。同じ金額の元金に毎月の金利が乗るので、毎月の返済金額は一定ではなく、当初の返済額は元利均等方式と比べて多くなります。

元金の返済スピードは元利均等方式よりも早く、元金にかかる金利も減っていきますので毎月の返済金額は返済が進むにつれて少なくなっていきます。


返済方法による返済額の違い

以上のように元利均等方式は毎月の返済金額が一定になる反面、総返済金額は多くなります。

元金均等方式は総返済金額は少なくなりますが、返済開始当初は返済額が大きくなり返済金額は一定ではありません。

どちらの返済方法を選択するかはそれぞれの人の状況次第ですが、毎月の返済金額を一定にしたい人は元利均等方式、総返済金額を少なくして投資全体のパフォーマンスを上げたいと言う人は元金均等方式を選択するのが良いでしょう。

金利と同様に返済方法はキャッシュフローや全体の損益に影響がある重要なポイントです。

また支払金利は税法上経費となりますので、うまくコントロールすることで税金を減らすこともできます。

金利の種類と返済方法はよく特徴を理解して、資金計画の際に固定変動や返済方法を変更してシミュレーションして最も良い方法を選択すると良いでしょう。

相場の影響を受ける固定変動の判断よりも、返済方法を変更したことによる影響範囲は計算できますので、何度もシミュレーションして自分にメリットのある方法を模索しましょう。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ