不動産投資をはじめたい人が不安に感じることと解消法

公開日:2015年4月21日
最終更新日: 2016年1月1日

多くの人にとって不動産投資は必要で、家賃収入が得られることで経済的にゆとりができて万が一の時にも安心である点を別の記事で紹介しました。

ですが、「不動産投資の必要性はわかったけど、やっぱり不安」という人は多いと思います。

たしかに不動産投資はノーリスクで儲けられるおいしい話ではなく、リスクをとって収益を出していく必要があります。

とはいえ、リスクを軽減したり回避する方法もありますので、これから不動産投資を始める方がよく不安に思うことやその解消法などを見ていきたいと思います。


[スポンサーリンク]

不動産投資を始めようという人が不安に感じること

これから不動産投資を始めようという人が不安に感じることには以下のようなものがあります。

  • 高額の投資をする不安
  • 借金をする不安
  • 自分に知識がなくて不安
  • 家族が賛成してくれるか不安
  • 不動産会社に騙されないか不安

高額の投資をする不安

不動産投資をする上で最も不安に感じるのは、とても高額なものを取引するという点でしょう。

不動産投資は安くても数百万円、高いものは数千万円から億を超える取引をすることも珍しくありません。

会社員の人が普通に生活していてそのレベルの金額の取引をすることはほとんどないので、漠然と不安に感じる人もいると思います。

それだけ高額なのに不動産についている価格が適正かいまいちわからない点、また不動産価格が変動するので大きな損失を出すのではないかと不安に感じる人も多いと思います。

不動産の価格が高額なのは変わりませんが、この漠然とした不安は実際に取引を始めてしまえば大きな問題にはなりませんし、必要以上に不安に感じる必要はありません。

不動産投資において重要なのは家賃収入です。きちんと家賃収入が得られるのであればそこから物件の適正価格は割り出すことはできますし、不動産価格のわずかな変動をいちいち気にする必要もありません。

家賃相場は安定していますし、空室リスクは家賃保証をつけて回避することもできます。

リスクはコントロールできますので、高額な取引であることを必要以上に恐れず、不安を払しょくしましょう。


借金をする不安

不動産投資はローンを組んで、自己資金以上の物件を取得することが多いですが、ローン=借金という意識で借金をすることに恐怖や不安を感じる人も多くいます。

ローンを組むことで自己資金以上の取引をすることができ、レバレッジ効果を得て効率的に運用することができますが、不動産投資は現金だけで取引することも可能です。

本当に借金をしたくないならそのような方法もあります。

しかし必要以上にローンを恐れる必要はありません。

上述した通り、不動産投資には価格変動のリスクや空室リスクがありますが、家賃収入を主な収益源とする不動産投資では不動産価格変動リスクはあまり重要ではないですし、空室リスクは工夫して下げることもできますし、家賃保証をつければ完全に回避することもできます。

リスクがコントロールできていれば借り入れをして不動産投資をする方が、自己資金のみで投資をするよりも収益は多くなりますし、自己資金に対する効率も高まります。

日本では借金=悪というイメージもありますが、不動産投資をする上ではそのような意識を改め、リスクとリターンを分析して必要であればローンをするという意識で臨むと良いでしょう。


自分に知識がなくて不安

自分に不動産投資に関する知識がないので不安と言う人もいると思います。

ですが、これも心配いりません。

そもそも不動産業界にいない人でもない限り、不動産に関する知識をすでに持っている人は少なく、誰でもゼロから勉強を開始しています。

不動産投資には様々な知識が必要になりますが、実際に投資をしていく中で覚えることができ、専門的な法律知識も必要としません。

基本的なルールや基礎知識は、不動産投資に関する体系的な本を1冊読んだり、当サイトなどの情報サイトの記事を一通り読むことで得ることができます。

後は物件を見ながら不動産会社の人に教わったり、すでに不動産投資を行っている先輩投資家に教わったりすることもできるので、その中で実践的で使える知識を得れば良いのです。

なので不動産投資を始める際に自分の知識不足はこれから解消すれば良く、不動産投資をする上での障害にはなりません。


家族が賛成してくれるか不安

家族が不動産投資に賛成してくれるか不安に思う人もいるでしょう。

上述した通り、不動産投資は大きな金額の買い物でローンを組んで購入することもある商品です。

自分自身にそのような不安がなかったとしても、多くの人が不動産投資に二の足を踏むのはそれが理由になりますので、家族が同じように不安に思っても不思議ではありません。

これはそれぞれの状況があると思いますが、基本的には粘り強く説得をするしかないでしょう。

不動産投資でも価格面や条件面などで粘り強い交渉を求められることがあります。不動産投資をする前の交渉・説得の練習機会としてとらえて、前向きに家族に対して思いを伝えたり不動産投資の必要性を説いたりしましょう。

サラリーマン大家さんの中には家族に内緒で不動産投資をしている強者もいるようですが、大きな金額の買い物になりますし、住宅ローンを組む際に影響が出る可能性もあります。

何より家族のために不動産投資をしているという人がほとんどだと思いますので、できれば納得をしてもらった上で不動産投資に挑むようにしたいですね。


不動産会社に騙されないか不安

不動産会社にだまされないか不安な人もいると思います。

ドラマなどでは悪徳不動産会社が良く出てきますし、仲介会社に騙されたという人もいますので、不安に思うのもある意味当然だと思います。

ただ、これには誤解が多くあり、悪徳の仲介業者は全体のごくわずかで、ほとんどの不動産会社は経営者、担当者ともに真面目に取り組んでいて顧客の利益を第一に仕事をしてくれます。

一方で悪徳業者とはいかないまでも、顧客の利益を第一に考えてくれなかったり、コミュニケーションが足りない担当者に当たってしまう場合もあります。

不動産投資を進めていく中で信頼できる仲介業者に出会えれば今後も取引を継続していけますし、初めての取引の際には多くの不動産会社を回って良いと思える会社を選ぶと良いでしょう。

私の経験上では、担当者の熱意がそのまま不動産会社としての実力にもなると思っていますので、何社か不動産会社の担当の人に会うと仕事ができるか、気が合うかは分かります。

ここは経験を積むしかないですが、そこまで不安に感じる必要はないと思います。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ