不動産投資をするのに必要な資格はない

公開日:2015年5月8日

不動産投資をはじめる前は、不動産投資は専門的な知識が必要で、何か特別な資格が必要なのではないかと考えがちですが、不動産投資をするのに必要な資格はありません。

宅建をはじめマンション管理士や不動産鑑定士など不動産に関連する資格はいくつかありますが、不動産投資をするにはこれらの資格を取る必要はありません。


[スポンサーリンク]

不動産投資をするのに必要な資格はない

  • 資格で得られる知識はあまり不動産投資に役立たない
  • 不動産投資に必要な資格はない

宅建をはじめとした不動産関連の資格はほとんど不動産投資にプラスになることはありません。

それぞれ不動産に関連した知識を問う資格ですが、アパート経営をする上で必要な知識と資格取得のために必要な知識にはずれがあり、まったく役に立たない知識を身につけることになるためその分の時間や努力は無駄になります。

不動産投資関連の資格は、業者が業務をするために必要な知識をつけるという目的のものが多いです。不動産会社の人が不動産投資のプロかといえば違いますし、管理会社の人が不動産投資でもうけることができるかというとまた別の勉強や経験が必要になります。

株のしくみを知っているからと言って、株でもうけることができないのと一緒で、不動産投資で利益を出すためにはきちんとした収支計画を立てることや物件を見る目など必要な資質が異なります。

これらの資質は、資格の勉強ではなく不動産投資のために行動をしていくことで身につけることができます。

最短距離で成功するには、資格の勉強をする時間があるのなら物件情報の収集をしたり内見をしたり、実際に動き出した方が経験を積むことができて良いでしょう。

また不動産投資には交渉力や人脈など、人的な資質が必要と考える人もいますが、そのような人的資格も特に必要ありません。

不動産投資をはじめるのに、唯一必要なのは自己資金を用意することです。

それさえあれば特別な資質も資格も必要ありません。

会社員だと有利ですが、職業や雇用形態も関係なく成功することができます。

実際に派遣社員で不動産投資をしている人もいますし、多くの不動産投資を得て成功している人もいます。

不動産投資をするには物件情報の収集をしつつ自己資金を貯めていくことが成功への道ですので、これらの行動を実際にしていく行動力や決断力が何より必要な資質とも言えそうですね。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ