不動産投資をするには慎重すぎるくらいがちょうど良い

公開日:2015年4月25日
最終更新日: 2016年1月2日

不動産投資をする上では行動力が重要と言われますが、一方で心掛けとして、「慎重すぎるくらいがちょうど良い」とも言われます。

不動産は高額なものですので、投資に失敗した時の損失は大きくなりますし、家賃収入が安定しているため、購入時に失敗をするとその後空室がなかったとしても取り返すことはできません。

[スポンサーリンク]

不動産投資を慎重に行った方が良い理由

  • 投資金額が大きい
  • 購入に失敗すると購入後に取り戻すのが難しい

不動産投資は非常に高額な取引になります。そのためそう何度も取引できるものではなく、また換金性が低いので、うまくいかなかったからと言って、すぐに売却をして他の物件を購入するということは難しいです。

また不動産投資は安定した家賃収入が魅力的ではありますが、良くも悪くも安定しているので、購入時に高い価格で購入してしまったり、想定しているより家賃相場が低かったりした場合は、その後どんなに頑張っても利益を出すのは難しいです。

不動産投資の事業計画から購入までの間に失敗をすると後から取り戻すのは困難です。

そのため不動産投資をする上では事業計画と購入する不動産の選定が非常に重要になってきます。

想定している家賃相場は適正か、現在の購入価格で十分な利回りを確保できるか、収益不動産の資産価値を上げることができるかなど、不動産投資では検討すべきことが多いです。それらをなるべく多く検討するには慎重すぎるくらいの人がちょうど良いのです。


物件を見極めるのに時間のかけすぎはない

計画を立てて収益不動産を購入する段階で不動産投資の成否が決まると言っても過言ではありません。

そのため収益不動産を探すのに「時間のかけすぎ」ということはありません。むしろ勢いだけで投資物件を決めてしまうことは非常に危険なことです。

良い物件を見つけるために、物件を見始めてから1年以上経っても投資をしていない人もざらですので、物件を見るのも不動産投資の一部と思って、あせることなく投資を吟味して見極めていくようにしましょう。

中には10年も物件を探しているという人もいますので驚きですね。不動産投資のスタンスは人それぞれです。

このように不動産投資は慎重な検討が必要となりますが、一方でやるべきことをやる行動力も重要になってきますので、慎重さと行動力のバランスが必要になると言えるでしょう。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ