不動産投資をすることで得られる時間

公開日:2015年4月21日
最終更新日: 2016年1月2日

不動産投資は給料とは別に収入を得ることができる点が大きなメリットで、不動産収入を得ることで現役時代、老後の生活をともに豊かに過ごすことができます。

ですが、収入以外に時間を得られる点も大きなメリットです。本記事では、不動産投資をすることでどれくらいの時間を得ることができるのか見ていきたいと思います。

[スポンサーリンク]

不動産投資をすることで得られる時間

不動産投資をすることで得られる時間を算出するのは簡単ではありませんが、不動産投資で得られる収入を本業や他の副業をすることでどれくらいの時間がかかるかで考えてみましょう。

仮に不動産投資によって月20万円の収入が増えたとします。

会社員をしていて急に月収が20万円増えることはまずありませんが、不動産投資をしていれば1棟もののアパートやマンションを取得すれば20万円くらいの収入はすぐに得ることができます。

それでも20万円の収入を本業で得ようと思うと残業という方法があります。

収入を増やしたいからと言ってすぐに残業ができる環境にいる人も少ないかもしれませんが、多くの仕事があって残業できたとしても20万円の収入を得るには60時間から100時間の残業をする必要があります。

本業の仕事が終わった後にさらに残業をする必要があるので、体力的にも精神的にもかなりの負担をかけることになります。

結婚をしている人であれば、奥さんにパートに出て働いてもらうことで収入を得る方法もあります。

20万円の収入を得るには時給1,000円のパートでも200時間が必要になり、現実的にこんなに働いたら正社員なみの労働時間になってしまいます。

不動産投資をして20万円の収入を得るということはこれだけの時間を得るということです。100時間の残業や200時間のパートをしなくても同じだけの収入を得ることができます。

もし今すでに残業やパートをしている人は、家賃収入があればそれをやめて他のことに時間を割くことができます。

月に100時間、200時間あれば、家族と過ごす時間はぐっと増えますし、趣味やスキルアップのために時間を使うこともできますよね。

このように不動産投資で不労所得を得るということは人生の時間が増えるという意味でもあるのです。

すでに収入が十分な人であっても、家賃収入があれば今お金のために使っている時間を別のことに使うことが出来ます。

逆に不動産投資をせずに、お金のために時間を使って、お金の心配をしながら生きていくのはとてもストレスがたまることですし、もったいないことです。

不動産投資をすることで収入を得ることもできますが、不動産投資によって得られる時間的効果も大きなメリットです。

不動産投資を始めたいけど不安に感じている人も多いと思いますが、このような効果も含めて投資するかどうかを決断したいですね。

最初は多少の時間を不動産投資に割かないといけませんが、時間を切り売りしているわけでなく、将来に時間を得るために自分の投資しているという意識を持って忙しくても時間をとっていく必要があります。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ