不動産投資は起業する意識を持つことが重要

公開日:2015年4月25日
最終更新日: 2016年1月2日

不動産投資をする場合、起業する意識を持つことが重要と言われています。

「不動産投資」という名称から投資をする感覚で始める人が多いですが、同じお金を同じタイミングで投資すると同じだけ儲けられる株式投資などと異なり、不動産投資では様々な方法で利回りを向上させたりリスクを回避することができます。

つまりお金を出すだけでは不動産投資はうまくいかず、いかに収益をあげるのかという「事業」の感覚を持つことが重要です。


[スポンサーリンク]

不動産投資は起業する意識が必要と言われる理由

  • 工夫することで収益を上げることができる
  • 融資を受けてリスクと責任がある

アパート経営、マンション経営という言葉がありますが、その通りで不動産投資とは「経営」をすることであり、大家業をすることです。

リアルなビジネスに近い感覚として、融資を受けて行っているという点もあります。

不動産投資は多くの場合、金融機関から融資を受けて自己資金以上の物件を取得することになりますが、会社経営をしている人の多くも借金をして事業を運営しています。

多くのビジネスでは先行投資が必要になりますので、売り上げのない状態でお金が必要になりますし、事業が軌道に乗るまでの運転資金も必要になります。

そのため多くの社長は借金をしています。

借金をしていることで、返済をきちんとしていかないといけないので責任感を持って事業に取り組む必要があります。

不動産投資も思うように入居者が集まらずに、収入が入ってこない場合でもローンの返済はきちんとしていかないといけないので、家賃収入がないと給料からローンの返済をすることになり手取りの収入は減ることになります。

ローンというリスクを負っていることで責任感を持って収益を出していかないといけない、つまり事業経営をしている意識を強く持つ必要があります。


不動産投資で成功するには会社員脳から起業家脳に切り替える

不動産投資はうまくいくと自分の時間をほとんど必要とせずに収入を得ることができます。増える収入は所有する不動産にもよりますが、どこまで収入を増やせるかはオーナー次第で上限もありません。

しかしその分きちんと入居者が入るしくみを作ることが重要ですし、そこで失敗すると損失を負う可能性もあります。

不動産投資は自由と責任が隣り合わせで、うまくやった分だけ収益を得ることができます。不動産投資で成功するには、働いた分だけ給料がもらえる「会社員」の脳を切り替え、起業をするという発想を持つ必要があるといえますね。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ