不動産投資の流動性リスクとチャンス

公開日:2015年5月1日
最終更新日: 2016年1月1日

不動産は取引金額が大きく、開けたマーケットもないので、売りたい時に自由に売れない可能性があります。

このように自由に売買・換金できないことを流動性リスクがあるといいます。

投資をしていても急にお金が必要になることはあるため、不動産投資をする上では流動性リスクを考慮して投資をしていく必要があります。


[スポンサーリンク]

不動産投資の流動性リスク

  • 公的な取引所がない
  • 買い手を見つけるのに時間がかかる
  • 取引の手続きに時間がかかる

収益不動産以外の金融商品は、預金はすぐに現金化できますし、株式は売却してから4営業日後には現金として口座に入金されるなど、自由に現金化できる換金性の高い商品です。

一方で不動産投資の場合は、売却しようと思った時に買い手を探すのも大変ですし、買い手が見つかってからも実際に現金が入金されるまでには売買契約を結び、決済して引き渡しをすることになるので、数週間かかります。

相手を探すのが大変な上に手続きにも時間がかかるので、すぐに現金化するのは難しく、好きな値段で売れない可能性も高くなります。

■金融商品の流動性

金融商品 流動性
預貯金
株式・投資信託
不動産


流動性リスクがチャンスになることもある

上述した通り、不動産の流通市場は株式取引などのような公の取引所が存在するわけではなく、不動産会社間の情報共有ネットワークによって売買される物件の情報が流通し、取引は買いたい人と売りたい人の相対取引によって行われます。

開かれた情報網ではないので、情報の非対称性があったり閉鎖的なマーケットになってしまいます。

閉鎖的なマーケットであることは一見するとデメリットのようですが、それがチャンスになることもあります。

売り急いでいる売り手がいるときは、相場よりもずっと安い値段で購入することができることもありますし、逆に相場よりも高い値段で売ることもできます。

相場がないということは相場よりも有利な価格で売買することができるということでもあります。これは不動産取引特有のメリットといえますので、十分に生かしていきましょう。

とはいえ、うまい話には裏がありますので、相場よりも相当に有利な価格で売り込みをしてくる不動産会社や投資家がいた場合は十分にその理由やリスクを考慮して検討する必要はあります。

日本の不動産取引市場は欧米と比べると遅れていると言われていましたが、最近では中古不動産を買主と売り主が直接情報のやり取りをして売買するプラットフォームもあります。

今後さらに取引市場が整備される可能性もありますので、最新の情報にアンテナを張っておくことで有利に取引することができるようになるかもしれません。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ