ハッピーリタイアメントを実現する家賃収入や収益不動産の購入金額

公開日:2015年4月23日

会社員の人が不動産投資をすることでハッピーリタイアメントを実現することができます。

ハッピーリタイアメントという言葉はすごくふわっとした言葉ですが、一般的には「働かなくても必要なだけの収入が得られていて、自立した生活ができている状態」とされています。


[スポンサーリンク]

ハッピーリタイアメントに必要な具体的収入

  • ハッピーリタイアメントに必要な収入は人それぞれ

それではハッピーリタイアメントを実現するにはどれくらいの収入や資産が必要でしょうか。

人によって求める生活や収入は異なりますので、一概には言えませんが仮に必要な収入を普通の生活をするだけの年収600万円とすると、月に50万円の不動産収入が必要になります。

年間600万円を得るには、多少(10%程度)の空室が出て、フルローンで投資するとして家賃に対するローンの返済が受取家賃の40%、固定資産税等の諸経費が受取家賃の20%程度と家庭すると、手取り収入600万円を得るには2,000万円程度の家賃収入が必要になります。

利回り12%とすると約1億6,600万円分の物件を取得して、想定通りに入居者が入れば望む収入を得ることができます。

「ハッピーリタイアメントと言うからには1,000万円の収入が欲しい」とい人であれば、同じ前提条件だと2億7,500万円分の物件を取得できれば収入を得ることができることになります。

やはりハッピーリタイアメントを実現するには、かなりの金額の物件を取得する必要があるといえます。


ローンが残ってるとリタイアできない?

また、現実的には空室率が少し悪くなると収益性が悪化しますし、ローンを組んで購入していると物件価格に近いローン残高があることになるので、なかなか簡単に本業をリタイアして不動産投資一本にという選択をできる人は少ないようです。

現実的には上述した億単位の収益不動産を取得して、安定した収益を出せるようになり、かつローンの残債がある程度減ったところでリタイアという選択をすることができるのかもしれませんね。

期間25年のローンとするとローンの残債が20%以下になる、ローンを組んでから20年経過したくらいがリタイアのタイミングかもしれません。

投資開始から20年必要になると、30歳からうまく不動産を取得していてもリタイアするのは50歳になります。

30代や40代でリタイアをする「アーリーリタイアメント」を目指す人にとっては不満かもしれませんが、本当に会社をやめたければやめることはできるので、まずはローンがあろうがなかろうが不動産投資から得られるキャッシュフローが望む収入を満たす状態を作り出すことを目指すと良いでしょう。

個人的には、そもそもお金持ちになるのに焦る必要はありませんので、気長に取り組むのが良いと思っています。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ