ノンリコースローンの意味と活用方法

公開日:2015年4月16日
最終更新日: 2016年1月2日

不動産投資は融資を受けて行う人が多いですが、融資の種類としてノンリコースローンというローンがあり、近年注目されています。

不動産投資家のリスクを限定させると言われるノンリコースローンとはどのような商品なのか、ノンリコースローンの意味と活用方法について見ていきたいと思います。


[スポンサーリンク]

ノンリコースローンの意味

  • ノンリコースローンとは返済不能に陥った時でも担保の不動産以上の返済義務のないローン
  • 人の信用力ではなく、物件の収益力に着目して融資が実行される

ノンリコースローンとは非遡及型融資と呼ばれるタイプのローンで、融資を返済不能となった時は担保に設定した物件を提供することでローンの返済が完了する融資のことを言います。

一般的な融資では、返済不能になって担保不動産を売却してもまだローン残債が残る場合は、融資を受けた本人が返済義務を負うことになります。そのため、他の資産を売却したり、生活費を削って借金の返済に宛てなくてはなりません。

このような一般的なローンをリコースローンといい、担保物件だけでなく返済者自身に遡及して返済をしていかないといけません。

借りたお金は返すということで普通のことのように感じますが、ノンリコースローンは担保物件の収益力に着目して融資をしているので、万が一返済不能になった場合でも、担保不動産を売却する以外には他の資産に一切責任は及びません。

融資の借主のリスクが担保不動産だけに限定されているので、万が一の時でも他の資産による返済を考える必要がなく、高額の融資の実行に踏み切りやすくなります。

ただし、ノンリコースローンを受けるためには不動産の保有のみを目的としたペーパーカンパニー(SPC)を設立する必要があるので、その分のコストがかかることになります。


ローンは条件を吟味して選択する

  • ノンリコースローンは物件の審査が厳しかったり、金利が高い場合もあるので融資条件をよく確認する

ノンリコースローンは返済不能時のリスクを金融機関が負うことになるので、投資家にとってはありがたいローンのように感じますが、金融機関側も資金回収のリスクを考慮した上で金利や融資条件を設定することになります。

そのため不動産の収益性をシビアに審査したり、金利が同条件のリコースローンよりも高くなる可能性もあります。

不動産投資を借り入れによって行う場合、空室や滞納などの様々なリスクはありますし、金利が高くなると将来的な金利上昇によってさらに返済負荷が高まり、不動産投資全体の収益性が悪化する恐れがあります。

そのため、ノンリコースローンだからと無条件で飛びつくのではなく、融資条件を冷静に吟味していく必要があるといえます。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ