サラリーマンの経験は不動産投資に大いに役立つ

公開日:2015年5月7日
最終更新日: 2016年1月1日

不動産投資は専門的な知識が必要に感じるので、サラリーマンをしている人は「自分なんて」と思いがちです。

しかしサラリーマンはもともと不動産投資に向いている職業ですし、サラリーマンの経験自体も不動産投資に役立つものです。

会社員としての仕事が不動産投資に役立つとなると、普段の仕事が不動産投資につながっている気がしてやる気が出ますね。本記事ではサラリーマンの経験が不動産投資に役立つ理由を見ていきたいと思います。


[スポンサーリンク]

会社員の経験が不動産投資に役立つポイント

  • 金融機関との融資の審査
  • 各関係者とのコミュニケーション

会社員の経験が不動産投資に役立つところはいくつもありますが、最も経験が生きるのは金融機関との融資の時と言えるでしょう。

融資を受けるには金融機関で審査が行われることになりますが、金融機関の審査は担当者から担当者の上司、審査部門など順を追って審査が行われ承認されます。

その際には作成した事業計画がどれくらい妥当性があるのかなどをチェックされるわけですが、金融機関も会社ですので、会社の中で行われる承認プロセスと似たような形で審査が行われます。

そのため、うまく事業計画を作成して、物件購入後に社会情勢の変化があっても最低限ローンの返済はできるということを担当者へ説明できれば、担当者から上司や審査部門への説明もしやすくなり審査に通る可能性は高くなります。

逆にこの事業計画書の作成やその説明が下手な人は審査に落ちる可能性が高くなります。

事業計画というと小難しく聞こえますが、会社員が日常的に作っている企画書と同じような作りです。新しい企画を立てる際も収益性とかかるコストを説明して採算が取れることを説明すると思います。

説明がうまい人は相手がどのようなポイントを重視していて、その点を説明できる人だと思いますので、企画書や上司への報告がうまい人です。そのような人であれば不動産投資の融資審査も通しやすい人と言えるでしょう。

また、不動産投資を成功させるには、不動産会社や金融機関、税理士や弁護士、司法書士などの専門家とうまくコミュニケーションをとって相談したり必要な情報をもらえるようにする必要があります。

それには自分がどのような情報を求めているのかということを明確に相手に伝えるコミュニケーション能力が必要になります。

様々な人と協力して仕事をするという点は会社員の仕事と同じですので、会社員として働いていることで不動産投資にプラスになります。

会社員と言っても業種や職種で各々がしている仕事は全然違うと思いますが、複数の人で仕事をしていたり、上司や部下と仕事をしているという点では多くの人が共通していると思います。

不動産投資ではそのような経験が役に立つので、「自分は何の取り柄もない会社員だから・・・」と気おくれすることなく、不動産投資にチャレンジしてみると良いと思います。

むしろどんな仕事も役に立つところがあると思いますので、不動産投資をやっていく中で自分の仕事の経験は何が活かせるのかを考えていくのが良いかもしれませんね。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ