サラリーマンの人こそ不動産投資が向いている理由

公開日:2015年4月22日
最終更新日: 2016年1月1日

不動産投資というと専門的な知識や大きな金額が必要で、普通の人には難しいものだというイメージを持っている人が多いと思います。

ですが、不動産投資はある程度の貯蓄があれば誰でもできるもので、むしろ会社員の人の方が有利な場合もあり、個人的にはサラリーマンの人こそ不動産投資にチャレンジすべきだと思っています。

本記事ではサラリーマンの人こそ不動産投資をした方が良いと考える理由について紹介したいと思います。


[スポンサーリンク]

サラリーマンこそ不動産投資をする理由

  • 手間がかからない
  • 信用力が高く融資を受けやすい
  • 給料以外の収入を作ることができる
  • 老後の収入源になる

手間がかからない

サラリーマンの人こそ不動産投資をした方が良い理由として、「手間がかからないこと」があげられます。

不動産投資は収益不動産を取得して、入居者が入ってしまえば、後は家賃収入が入ってくることになります。

もちろん、入居者からのクレーム対応や日々の清掃や設備の点検などメンテナンス業務はありますが、それらは管理会社に委託することができます。

費用はかかり投資の利回りを下げることになりますが、日々の細かい業務は副業でやっている人にとっては手間になるので、手間を考えれば多少の費用はかけても外部に委託してしまうのが賢明です。

管理業務を管理会社に委託してしまえば、オーナーは驚くほどに何もすることなく家賃収入を得ることができるようになります。

手間がかからないことで、本業が忙しい会社員の人であっても大きな負担なく不動産投資に取り組むことができます。


信用力が高く融資を受けやすい

会社員が不動産投資をすることの最大のメリットに「信用力の高さ」があります。

信用力の高さは融資を受ける際に有利に働きます。

不動産投資をする際は、自己資金のほかに銀行から融資を受けて物件を購入することになるのですが、銀行の融資を受けるには審査を通過する必要があります。

銀行の融資審査は大変厳しく、対象物件の収益力、担保力だけでなく、オーナーの人の信用力まで審査されることになります。

会社員は安定性もあり、滞納のリスクも少ないと判断されるので、銀行の融資では自営業や無職の人と比べると大変有利に判断されることになります。

不動産投資において、会社員の信用力は大きな武器になりますので、これを活用しない手はありませんね。


給料以外の収入を作ることができる

給料以外の収入を作ることができる点も大きいですね。

会社員の人のほとんどは収入を勤務先からの給料に頼っていると思いますが、万が一リストラされたり昇給の道が絶たれた場合の家計へのダメージは計り知れません。

いかに安定しているとはいえ、会社という「他人」に完全に依存してしまうのは危険なことです。

不動産から収入を得ることができれば、給料とは別の収入の柱を作ることができ、複数の収入源を作ることで家計を安定させることができます。

もちろん会社からの給料だけでは収入が足りないという人にとっては、収入を上乗せすることができます。


老後の収入源になる

不動産投資をすることで老後の収入源を作ることにもなります。

会社員の人の多くは定年退職をして、老後は無職という人がほとんどです。自営業の人であれば足りない分は働くという形でカバーできるかもしれませんが、会社員の人は定年前と同じ収入で働くことは難しく、働けたとしても収入は激減することになります。

ご存知の通り日本では少子高齢化が進み、公的年金も今現役の人が年金をもらうころには年金が実質的に目減りしていることはほぼ確実です。

不動産には定年はないので、不動産投資をしていれば老後も変わらず収入を得ることができ、年金に上乗せして老後の生活費の足しにすることができます。

老後の収入源を公的年金に頼らざるをえない会社員の人にとってはとても心強い存在になります。


不動産投資の勉強をしてみる価値はある

会社員の人が不動産投資をした方が良い理由を見てきました。

給料以外に収入の柱をもう一つ作れるということは家計を安定させることができるので、現役時代、老後問わず非常に意味の大きなことで、それだけでも不動産投資に挑戦する価値があると個人的には思います。

また普通に生活していると気づきませんが、融資が受けやすいというのも非常にメリットが大きいです。

私は自営業者なのですが、自営業であるだけで融資が受けられないことがあるとは当初思ってもいませんでした。クレジットカードや賃貸不動産を借りる時にも信用力のなさを思い知らされました。

会社員でいるということは与信の面でそれだけでメリットになり、不動産投資をしやすいので、会社員の人で不動産投資に少しでもメリットや興味がわいた人はぜひ勉強だけでもしてみるべきだと思います。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ