子供がなりたい職業に大家さんがない理由と仕事の社会的意義

公開日:2015年7月31日

不動産投資を専業にするようになると、人から職業を聞かれた時に大家さんと答えることになりますが、この大家さんという職業は存在感が薄いのかあまり積極的になりたいと言っている人を聞いたことがありません。

もちろん大人になって金持ち父さんを読んだ人などの中には「大家さんになるのが目標です」という人もいますが、子供に限って言うとまずいません。

よくある子供がなりたい職業ランキングを見ると、2015年は男の子の第1位がサッカー選手、2位が科学者、3位が警察官とお医者さんとなっており、女の子はパティシエ、お医者さん、幼稚園や保育園の先生という順に多いようです。

こうしてみると、昔も今もそんなに変わっていないような気がしますが、いつの時代も子供がなりたい職業にはテレビに多く露出していて仕事内容が明確な職業が多いと思います。

3位以下も電車の運転手とか、大工、ケーキ屋さんなどが並んでいますので、テレビに出ているか身近にいる職業が選択肢となっているようです。

今小学生くらいの子供たちの親世代で職業が大家という人はあまりいませんので、身近にない職業ということになるのかもしれません。

不動産投資に携わる身としては少しさみしい結果ではありますが、これが現実ということなのでしょう。


[スポンサーリンク]

大家という職業の魅力

子供には人気のない職業の大家さんですが、職業として見た時にとても魅力のある仕事だと個人的には思います。

その理由には経済的な面と社会的な面があります。

まず経済的な理由としては自分が働いて稼いでいるわけではありませんので、お金さえあれば半永久的に資産を増やすことができ、収入に上限がありません。

会社勤めや小売りなどの自営業だと、給料や売れる数には限界があり、自分の時間が24時間しかないことを考えると使える時間も限られ収入の上限が見えてきます。

しかし大家さんの場合、自分自身は何も時間を使うことはありませんので、不動産を増やせばその分不動産が働いてくれて収入を上積みしてくれます。

さらに自分が急にけがや病気になった場合、会社員や小売り自営業の人は収入が途絶えてしまう可能性がありますが、大家さんはそれも関係なく収入が入ってきますので、今はやりの収入保障保険などにも加入する必要はないです。

このように収入と労働が切り離されていることによって、大きなメリットがあります。


賃貸経営の社会的意義

さらに社会的意義も大きいです。

よく大家業は社会的意義がないと言う人がいますが、私は違うと思います。

入居者に対して、人の生活に必要な「衣・食・住」の中でも最も基本的な「住」の住まいを提供する事業で、人の生活を支える重要なインフラとなっています。

住み心地の良い家に住んでいると心も落ち着き、毎日の生活水準が上がります。

物件を購入するのが難しい人、ひとつの場所に住む場所を固定したくない人はいますので、賃貸という住居形態のニーズは確実にありますし、今後もなくなることはないでしょう。

賃貸を希望する人に住居を提供するには、家の所有と使用を分ける必要があり、大家という仕事は家を所有して賃貸希望者に使用させるという意味でも社会的な意義はあります。

大家さんになる人はもともと土地持ちの人が資産活用の観点で賃貸経営を始める人が多いため、どうしてもお客さんに住居サービスを提供するという意識の人が少なく、一般的にはやる気がないとか傲慢というイメージを抱かれていることも多いです。

きちんと入居者に住居サービスを提供するプロの大家さんがいっぱい出てきて、大家という仕事はあまり時間を割かなくてもよいというのが特徴ですので、余った時間を使って魅力的な活動をする人が増えてくれば世間のイメージが変わり、ひいては子供のなりたい職業の中に名を連ねることもあるのかもしれません。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ