不動産投資をすることを家族、知人に反対された時の説得

公開日:2015年7月30日

不動産投資は大きな金額を投資することになりますし、多くの人は借金をして物件を取得することになり、リスクが高いイメージがあるため、元々お金持ちでない限り家族や知人に不動産投資をしようと思うと告げると、反対されることが多いようです。

自分が本当に不動産投資が必要だと思ってやるのであれば、そのような声を無視して意思を貫き通せば良いのですが、結婚して家庭がある人や恩になった人に反対された場合には説得をしないといけない時もあります。

基本的には人は誰かが新しいことにチャレンジをする時、9割方の人が反対をし「そんなことできるわけない」とか、何かと言い訳をつけて批判することが多いように思います。

これはその人のことを本当に心配している場合もそうで、人間の心理的に安定を心地よく感じるようにできているので、新たな挑戦というのは苦しく不快に感じるようにできているのです。

ですので、よほど強い決心をして、必要性にかられた人でないと挑戦をすることはできません。

反対をされた場合でも、自分自身に強い気持ちと「これだ」という直感めいたものがあるのならば反対を押し切って挑戦させてもらうことをお願いするのが良いでしょう。

分かってくれる人は少ないかもしれませんが、私の場合は熱意を伝えることで大事な人に挑戦したい気持ちをわかってもらった経験もありますので、可能性はゼロではありません。

これから挑戦をしようとする人に挑戦が成功する保証はどこにもありません。挑戦を反対する人は成功する保証を多かれ少なかれ求めてきますが、満足のいく回答を用意できない場合もあります。

その場合でもやはり熱意を持って説得をして、最終的には不義理にはなってしまうかもしれませんが自分の一度きりの人生なのでチャレンジさせてほしいと気持ちを伝えるしかないでしょう。

リスクを理解した上で挑戦するのであれば成功しても失敗してもそれは人生経験として良いと思いますし、成功すれば最初反対していた人たちも手のひらを返したように反応を変えてくれます。

回りの人たちの評価というのは自分の成功には何の関係もありませんので、思う存分チャレンジするのが良いと思います。

不動産投資にはリスクがあり、それをゼロにすることはできません。ですが、それらのリスクをコントロールして最小化することはできますし、そのリスクを負うかどうかは最終的に自分で選択することができます。

不動産投資をすることで、労働収入ではない収入が手に入り、それにより時間的な自由や精神的な余裕を手に入れることができます。

これらを手に入れるためにどれだけのリスクを負うことができるかは人によりますが、リスクを負ってでも手に入れたいものがあるのならその点をきちんと説明することです。

納得してくれるかどうかはわかりませんが、きちんと自分の状況や思いを説明した上でチャレンジするのが自分を本気で心配してくれる人や自分と運命をともにしてくれる人への最低限の礼儀と言えるでしょう。



不動産(マンション・土地)を高く売るコツ

不動産を高く売るには、不動産会社選びが重要です。

不動産会社選びは不動産価格の査定をしてもらうことから始まりますが、その際に一括査定を利用することで複数の不動産会社を競わせて高い査定価格を引き出すことができます。

やり取りの中で信頼できる担当者も見極められるので、不動産を売ることを考えている人はまず一括査定をしてみましょう。

>>不動産会社へ一括査定依頼(無料)


成功のポイントは自分にあったパートナー選び

成功した不動産投資家には優秀な不動産投資会社がパートナーとしてついています。不動産投資に関する疑問を解消してくれ、希望にあった物件情報を素早く連絡してくれるので、多くの物件情報を早く得るしくみを作ることができ、不動産投資未経験者や兼業大家さんには必須の存在です。

複数の不動産投資会社に無料の一括資料請求をすることで、より自分にあった不動産投資会社を探すことができます。

申込は2分ほどで終わります。

>>不動産会社へ一括資料請求(無料)


サブコンテンツ

このページの先頭へ